TSUNEDA VISION いきいきまちづくり 鳥取県 安心安全

常にチャレンジ!!していきます!! 常にチャレンジ!!していきます!!

1.

いきいきとした安心安全まちづくりにチャレンジ!!

鳥取市役所は移転しますが、移転後の現本庁舎の敷地の活用は未定です(2018年12月現在)。鳥取駅周辺を含む中心市街地が、日常的に子供からお年寄りの方まで、集い住まう街として再生するよう、鳥取県と鳥取市のパイプ役となって、いきいきとした安心安全なまちづくりに取り組みます。

2.

鳥取らしさを伸ばし地域に活力をもたらす
取り組みにチャレンジ!!

産

地元中小企業の振興を図るとともに、若者のニーズに合った企業を誘致するため、徹底的にリサーチし、企業にとって魅力的な環境を整備します。また、新規に起業したい方々への支援を充実させます。

観

鳥取県の豊富で新鮮な食材・温泉・星・文化などの観光資源を磨き上げ、滞在型観光推進の施策を充実させます。県東部の観光の起爆剤として鳥取―若桜駅間「SL列車」運行の実現を目指します。

学

鳥取大学・公立鳥取環境大学・産業界・自治体が連携して、地元に残りたい学生の奨学金の創設や、ITや観光ビジネスなどの「起業塾」を創設するなどの施策により、地元定着率の向上に尽力します。

3.

整いつつある交通網の有効活用にチャレンジ!!

東京五輪や大阪万博に向けて、インバウンドの観光客などを鳥取に導くため、鳥取西道路や延伸する鳥取豊岡宮津自動車道の無料のメリットを活かすPR活動や、鳥取砂丘コナン空港と鳥取港のツインポートを活かして、羽田増便や国際線誘致、港湾整備や豪華客船の誘客などに取り組みます。

4.

子育て王国鳥取のさらなる充実にチャレンジ!!

鳥取で子どもを産み、育て、学び、働いてもらう一貫した環境の整備が必要です。少子化対策として、不妊治療の負担軽減や高校での妊娠教育、乳幼児(0~3歳)の医療費を無料にし、共働き家庭のサポートとして、病気の子供を預かってくれる施設など、より働きやすい環境の整備に努めます。

5.

豊かな自然環境の維持と災害に
対応した環境整備にチャレンジ!!

鳥取の中山間地域は美味しい水や食料の供給源で、洪水防止など公益的な役割も担っております。この自然環境を継続的に守っていくため、地域住民の方々と協働し、中山間地域の振興をはかります。また近年頻発する震災・風水害などの災害に対応した強い県土整備のための施策を推進します。

6.

住みよく安心安全な暮らしの実践にチャレンジ!!

医

少子高齢化に向け医療費増大・年金・介護問題など県としても早急な対策が必要です。医療介護福祉従事者不足の解消や、お年寄りの方々の健康維持・増進を促す予防医療の普及啓発に取り組みます。

食

鳥取産の安心安全で美味しい食材をブランド化し、国内外に向けて販路を拡大し、稼げる農林水産業を目指し、若者が次世代農業の担い手として、就農してもらうためのサポート体制を充実させます。

住

鳥取市のコンパクトシティー化を目指し、中心市街地の居住人口を増やし、圏域内の公共交通網の充実を図ります。また、移住定住促進のための情報発信・マッチング・インフラ整備のための施策を講じます。

7.

心身ともに豊かで健康的な暮らしの実践にチャレンジ!!

鳥取の子供たちの豊かな感性や創造力を育むため、良質な文化・芸術に直に触れる機会を増やし、県民の方々の文化・芸術の創作・発表の場を更に充実させるため全力で取り組みます。また、県民の体力向上と健康増進のため、子供から大人まで全世代に渡る生涯スポーツのための環境整備に努めます。

常田けんじくんを応援します。石破茂 常田けんじくんを応援します。石破茂

常田けんじ プロフィール

■生年月日
昭和47年11月16日生まれ
■学  歴
愛真幼稚園
鳥取市立久松小学校
鳥取市立鳥取北中学校
鳥取県立鳥取東高等学校
東洋大学法学部経営法学科
■職  歴
(株)福神(医薬品卸)
参議院議員常田たかよし秘書
(有)常田薬局
■所  属
鳥取商工会議所青年部
鳥取法人会青年部会
■趣  味
スポーツ観戦、旅行
■家  族
妻(恵理子)、長男(将生5歳)